CIデザイン、VIはブランドコミュニケーションの「舞台」
0

【CIデザイン・VI ❷】
CIデザイン・VIシステムはブランドコミュニケーションのビジュアルプラットフォーム

ブランドは舞台芸術。CIデザイン・VIシステムはその“舞台”としてブランドコミュニケーションを支える。

ブランドは舞台芸術。VIシステムは“舞台”としてビジュアルコミュニケーションを支える。

CIデザイン・VIは舞台。ロゴを核に構築されたビジュアルコミュニケーションのプラットフォーム。

CIデザイン・VIシステムはブランドアイデンティティを体現したブランドロゴを核に、ブランドコミュニケーションを支えるプラットフォーム。ブランドが舞台芸術ならそれは舞台。主にビジュアル面で支え、その舞台上で様々なブランドコミュニケーションが展開され、ブランドの物語が繰り広げられていきます。

VIは様々なコミュニケーションメディアを統合。ビジュアル面で各コミュニケーション施策をしっかり結びつけます。

VIはビジュアルコミュニケーションの主役になり得ないため決して派手ではありません。しかしVIがしっかり構築されていないと各コミュニケーション施策の結びつきが貧弱になります。例えばPRメディアと販促メディアでブランドロゴの見え方が異なり、違うブランドのものとして認知された場合、期待するコミュニケーション効果は棄損されます。それぞれ優れたクリエイティブであっても顧客におけるブランド知識の集積からは漏れてしまい、期待する結果に至りにくくなります。

CIデザイン・VIの舞台上で、各コミュニケーション表現が展開される。

演者、演出機器・道具はブランドコミュニケーションにおける各種メディア

CIデザイン・VIの舞台上で、各コミュニケーション表現が展開される。

舞台上で表現するアクターをはじめ仕掛けや演出機器、大道具・小道具等はコミュニケーション施策における各種メディア(マスメディアやデジタルメディア、印刷物など)が相当します。VIはそれらのデザインやコンテンツの表現に統合性と一貫性をもたらしながら、ブランドの世界観創出を支えていきます。舞台上で展開される短期的コミュニケーション施策と異なり、PDCAを継続しながら中長期に渡り展開されます。そのためVIには中長期使用に耐えうる完成度が必要です。

VIの舞台上で展開されるコミュニケーションメディア

ブランドの世界観創出に向け雰囲気を醸成に取り組む

VIシステムだけでは世界観の創造には至らない。コミュニケーションで“雰囲気”の醸成が必要になる。

堅牢なVIシステムを構築し、一貫した表現軸の下で雰囲気醸成に取り組む。


VIは中長期に渡りコミュニケーション施策を結びつけていくため、屋台骨として堅牢に構築されている必要があります。しかしブランディングにおけるクリエイティブでは、VIシステムをしっかり構築していればそれで十分かというとそうではありません。VIシステムは屋台骨であり「ブランドの世界観」創造までには至りません。そこでビジュアル面ではトーン&マナー、言語面ではトーン&ボイスとブランドトーンを明確にし、各コミュニケーションによって「雰囲気」や空気感の醸成に取り組みます。ブランド創造フェーズで導出したブランドパーソナリティをベースにブランドトーンを策定、運用ガイドラインを開発、一貫した表現軸の下でクリエイティブを行いコミュニケーションを展開します。

ページのトップへ戻る