ブランディングにおけるブランドロゴマークとは何か?
0

【ブランディング・ブランドロゴマーク ❷】
ブランディングにおけるブランドロゴマークの役割

ブランドロゴは共感の印であり、信頼と結束の象徴。

ブランディングにおけるロゴは、ブランドロゴは様々な人や物事とブランドを結びつけ関係性を創り出すための目印。

ブランドロゴは、ブランドを様々な人や物事と結びつけ、より良い関係性を創り出すための目印。

顧客をはじめ各ステークホルダーはブランドを固有のロゴを目印に識別し、そのブランドに関する様々な知識や体験を連想ゲームのように結びつけていきます。ブランドロゴの背景には商品や製品、広告・宣伝、PRやCSR、企業イメージから従業員のイメージまで様々な知識や体験に基づく情報があります。ブランディングはロゴを創ることと勘違いする理由はここにあります。本来はロゴの背景にある知識や体験をより良く大きく育てること。ブランドロゴはそのための目印です。

ステークホルダーにとって、ブランドロゴは“共感の印”

ブランドロゴはユーザーや投資家、社員など多くの人々とブランドを結びつける。

ステークホルダーにおいて、ブランドロゴは共感の印

ブランドへの共感と親近感が高まるにしたがいブランドロゴは受け入れられて愛着となり、いずれ共有財産となる。

ステークホルダーにおいてブランドの知識と体験が重なるにしたがい、ブランドへの共感と親近感が強まっていきます。そしてブランドに関与し共に参加する意識となり、社会におけるブランドの存在意義と価値が高まっていきます。ブランドファンのボリュームが大きくなると社会的な共有財産にもなり得、例えばロゴを変更したとなるとブランドファンであるなしに関わらず議論も起きるでしょう。大きくブランドロゴが入ったシャツを着るなど、時には顧客自身の表現にもなります。それは共感の表明でありインフルエンサーも現れます。長くステークホルダーと接触し、受け入れられたブランドロゴはいずれ社会的な共有財産になります。

ブランドロゴは、そのブランドファンにとって自身の表現手段になる。

中長期で幅広く目にするブランドロゴ。精緻で造形品質の高いブランドロゴは財産になり、ブランドの“知覚品質”を担保します。

ブランドロゴがプリントされたTシャツを着る。当然かっこよくなければ、またそのブランドに少なからず共感がなければ積極的に着ません。簡単に言うとステークホルダーにとってブランドロゴは、造形美術として完成されていなければなりません。その造形品質はブランドの知覚品質に直結します。そのため造形的なブラッシュアップをきちんと行い、高い造形品質を持つ必要があります。その品質がいずれステークホルダーにとって愛着となりブランドの財産になります。
新鮮味はいずれ薄れます。私などはわずか数秒から数分で消え去ります。ブランドロゴは中長期で目にされることに耐え得る造形品質を持たなければなりません。
また本来、精緻化作業は職人的であり経験が必要です。その作業には相応の制作時間を要しますが、よく軽視され見落とされる工程です。この造形品質と精緻化作業については後述します。

ブランドホルダーやオーナーにおいて、ブランドロゴは“信頼”と“結束”の象徴

ブランドロゴはアウターに保証を付与する署名、インナーとはアイデンティティを共有する旗印。

ブランドホルダーにおいて、ブランドロゴは信頼と結束の象徴

ブランドロゴはブランドの信頼性を保証する“シグネチュア”。

ブランドロゴは顧客や消費者などアウターにとっては“判子”や“署名”、シグネチュアです。ブランドやコミュニケーションメディアの信頼性を保証し「この製品は我々のブランドです。品質はご存知の通りこれまでの実績が保証します。」「この面白い広告は、我々のブランドの広告です。このブランドは面白いんです。」と表明します。“この商品は○○○○ブランドだから安心ですよ”となります。
そのロゴの背景には企業規模やCSR、従業員のイメージや顧客対応、歴史や伝統、商品の使用体験、第三者の評判、PR効果…様々あります。それら全てブランド連想でありブランドロイヤルティにつながります。中長期でのブランドイメージ創りを意識した活動が必要、ロゴを作ったからといってブランドが短期で創られることはありません。このロゴの背景については後述します。

ブランドロゴはブランドの信頼性を保証する“シグネチュア”。

アウターにとってのブランドロゴに必要なこと。

上記を鑑みると、アウターにとってブランドロゴに必要なのは他ブランドに対しての識別性、独自性や一目で認識できる視認性、テキストロゴでは可読性。それらが顧客においてブランドロゴの認識と記憶を促します。シグネチュアをしっかり認識させることで、アウターにおけるブランド知識が着実に大きくなりブランドイメージが創られていきます。このブランドロゴに求められるクライテリアについては改めて詳述します。

ブランドロゴは「ブランドの意志」、企業ブランドでは「企業の意志」。ブランドプロポジションを体現したもの。

ブランドロゴは「ブランドの意志」、企業ブランドでは「企業の意志」。
即ちブランドの本質、プロポジションを体現したもの。

ブランドロゴは一言で言うと「ブランドの意志」、企業ブランドであれば「企業の意志」を体現したものです。ブランドの意志はインナーの人々によって創られていきます。ボトムアップ型のCIは容易ではないですが、社員や従業員の方々が中心となり企業のアイデンティティを積極的に創造、明文化作業を行います。一方で一般的に多いトップダウン型のCIでは、トップ経営層の方々が中心となり企業のアイデンティティを創造していきます。
そのブランドのプロポジション、ブランドの「意味」を凝縮した本質。それを体現したものがブランドロゴです。それを旗印にインナーのメンバー皆がブランドの意志をブレずに表現していきます。人々を結びつけ結束を促進するものであり、決して押しつけではありません。時にはステークホルダーを巻き込んで、皆で事業やブランドを創造していく。その方向性を想起させるシンボルです。

ページのトップへ戻る