0

ブランディング

ビジネスの安定的な成長基盤を創り出す“ブランディング”。

ブランディングワークフロー概要

ブランディング

一貫したブランドアイデンティティの下、共感の獲得を目指す広報・PR。

ブランドの創造には、一貫性のあるブランドアイデンティティの下、コミュニケーション活動を継続していくことがその成否を分けます。
そのブランドコミュニケーションにおいて、特に「広報・PR」では成功した時の効果が大きく、顧客による口コミやSNSなどを通し広く拡散され、継続的に取り組むことでブランドが深く浸透します。広告はインパクトのある訴求を通し“認知”を促す一方、「広報・PR」ではメディアや社会との対話プロセスを絶え間なく実行し、“共感”の獲得を目指します。広告と比べリーズナブルに展開できる「広報・PR」は、中堅・中小企業やパーソナルレベルのブランディングに最適な施策といえます。

ブランド力が強くなると、外部環境に左右されにくくなり持続的な成功をもたらす。

これらコミュニケーション施策に取り組んだ上で、高品質なデザインの力でロゴを核にしたVIを構築し“ブランドアイデンティティ”を体現。運用フェーズにおいては、各施策のコミュニケーション効果を最大化するパワーツールを軸に各媒体を制作。デザイン~視覚的に統合され、一貫したブランドメッセージの発信に取り組みます。ブランド価値を正当に評価され“ファン”が生まれ、価格など具体的な価値が反映されるまでになると、価格競争を回避しやすく外部要因に左右されにくい環境をつくり出します。
広報・PR × ブランディング、及びデザインでのトータルな取組みが、ビジネスにおいて外部環境に左右されにくく持続的な成長基盤をもたらす、“パワーブランド”を創り出します。

コメント欄

メールアドレスが公開されることはありません。

ページのトップへ戻る