BRAND×DESIGN ブランド×デザイン

CIやVIS開発、ブランディングのプロセスは、当フローチャートを基本に進捗します。理解を深め認識を共有しながら、心を動かす取り組みを目指します。

経営企画と密接に関わるブランディングについて、まずはクライアント様やブランドの理解を深めることから始まります。 ブランド戦略立案フェーズでは多角的で慎重に、クリエイティブフェーズでは直観的で丁寧に。真剣な取り組みが意識を高め、効果的なインターナルブランディングとエクスターナルブランディングにつながります。
ブランドアイデンティティの創出プロセスを通し、理解を深め認識を共有しながら、心を動かす取組みに到達するよう尽力致します。

Branding Workflow ブランディング・ワークフロー

ブランド戦略 分析

多角的な視点からブランドを取り巻く環境を理解し、ブランドアイデンティティの創造に向けてブランド像を浮き彫りにしていきます。

目的 実施内容
理解促進
セミナー等の実施
ブランディング概要のご説明
現状に関するヒアリング
現状課題の本質の把握~抽出、想定
課題の共有
プロジェクトチームの組成
プロジェクト方針の策定
全体プラン、シナリオ、ロードマップの作成
トップインタビュー
3C分析 自己分析
顧客調査分析
競合調査分析

ブランド戦略 創造

分析段階から得た資料を基にエッジの効いたアイデンティティコンセプトを創造。クリエイティブフェーズでのより高いジャンプへ向け、強い表現軸を創り出します。

目的 実施内容
ブランド
アイデンティティ
創造
ブランドターゲット規定
ブランドポジショニング
ブランドパーソナリティ規定
ブランド体系戦略
ブランドバリュー立案
ブランドストーリー立案
プロポジション立案

クリエイティブ

ブランド戦略立案フェーズで創り出したコンセプトをクリエイティブの源泉に、新鮮でソリッドなクリエイティブを目指し実行します。

目的 実施内容
コミュニケーション
実行
機能ワード、ドライブワード導出
ブランドネーム開発
ブランドステートメント、タグライン開発
ブランドネームシステム
ワーディング、イメージング
基本デザインエレメント開発
コミュニケーションデザインエレメント制作
基本デザインシステム開発
コミュニケーションデザインシステム開発
アプリケーションアイテム制作
ウェブサイトの制作
コミュニケーションスタイルガイド制作
コミュニケーションガイドライン開発
ページのトップへ戻る